麻痺の看護−看護上の注意−食事の禁忌

麻痺の看護−看護上の注意−食事の禁忌

  • 2021-07-24 02:12:41
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. まひの診断と鑑別-まひは紛らわしい病気
  2. 麻痺の紹介-症状-治療-看護-食事

麻痺一般看護

マヒケア

一、日常的なケア

これは片麻痺患者の家庭看護の重要な一環であり、患者が長期的に寝たきりで活動できず、全身器官の生理機能が減退し、例えば肢体が長期的に活動しなくて、筋肉が次第に萎縮するためである。心臓、肺の機能が低下し、呼吸と血液循環に影響を与えるため、機能運動は身体の回復をマッサージするのに有利である。しかし機能トレーニングは性急ではなく、段階を踏んで、根気よく続けなければなりません。

1、完全性片麻痺の段階

マッサージ、マッサージと受動的活動を利用して、患者の機能運動を助けることができる。動作は軽いものから重いものへ、さらに軽いものへと移るべきだ。受動的な活動は力を入れすぎないようにする。全身運動は1回につき約15~30分。1日に数回。麻痺肢体の位置は適切で、肘を曲げ、手首と指をまっすぐに伸ばし、足首の関節を90度に保つ。

2、一部の機能回復フェーズ

この段階では前の段階の各鍛錬を続けなければならない。同時に患者の寝返りや起き上がりの運動を助ける。立って鍛えるには、まずベッドのフレームや椅子の背を支えて立って、それから素手で立ちます。上肢の挙上、外転、外旋、肘関節の伸展活動、下肢の伸展活動、足の伸展活動などの身体の簡単な運動運動。

3.基本的なリカバリフェーズ

立ったり上肢を簡単に動かしたりした上で歩く練習を始め、手の細かい動きや言語機能が回復。ウォーキングは、まず体を支えながら左右に振り、両足に交互に荷重をかけ、足踏みをして、杖に手をついて一人歩きに移行する。サークル歩行の場合は、膝を曲げたり、足を上げたりする動作を練習してください。上肢運動は、茶碗、スプーン、箸を持ち、服を着たり脱いだり、編み物をしたり、そろばんをはじくなどの細かい運動ができる。失語者は言語機能の回復を助けるために、まず発音を練習し、それから小学生の国語の教科書を探して一字ずつ練習しなければならない。

  1. マヒの受診ガイド-マヒ
  2. マヒの食事、食事療法、マヒは何を食べればいいのか
  3. 麻痺の合併症、麻痺がどのような病気を引き起こすのか
  4. どうやってマヒを予防するか、マヒのケア対策
  5. どのような原因があるのか
分類

お問い合わせ