黄斑嚢様浮腫の症状、黄斑嚢様浮腫の初期症状、徴候

黄斑嚢様浮腫の症状、黄斑嚢様浮腫の初期症状、徴候

  • 2021-08-15 00:41:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 黄斑嚢様水腫の検査、黄斑嚢様水腫の診断
  2. 黄斑嚢様水腫の食事、食事療法、黄斑嚢様水腫は何を食べたらいいですか

黄斑嚢様浮腫

早期病状:早期病変は検眼鏡下で基本的に正常であり、黄斑中心凹光反射が分散或いは消失した。

末期症状:末期黄斑水腫は蜂の巣状或いは嚢状の外観を呈し、嚢壁の網膜の厚さは不均一で、蜂の巣状の内部の仕切りと血管の影が見られた。

関連症状:視力障害網膜浮腫眼底変化糖尿

黄斑嚢様浮腫の症状の診断

一、症状

早期病変は検眼鏡下で基本的に正常であり、黄斑中心の凹光反射が分散あるいは消失した。病気経過中に網膜浮腫区はある程度の反射増強或いは絹のような反射を呈し、網膜は厚くなる。晩期黄斑水腫は蜂の巣状或いは嚢状の外観を呈し、嚢壁の網膜の厚さは不均一であり、蜂の巣状内部の仕切りと血管の影が見られる。小嚢の中には、裂孔を形成するほど薄くなるものもある。

臨床では検眼鏡だけで黄斑嚢様水腫の診断は難しい。検眼鏡に三面鏡又は裂隙灯プラス前置鏡である90D鏡を結合し、裂隙灯の細い裂隙を利用して黄斑区を検査し、黄斑区の網膜の肥厚と血管の影が見られ、後部の反射光を照射すると、時に黄斑区が蜂の巣状の外観を呈し、網膜に嚢状の隙間があることが見られる。眼底フルオレセイン血管造影は黄斑嚢様浮腫を診断する必要不可欠な手段であり、黄斑嚢様浮腫を診断する最も常用な方法であり、現在黄斑嚢様浮腫を診断する金標準でもある。近年、光コヒーレンス断層撮影術(OCT)検査を応用し、後極部網膜黄斑区の嚢様浮腫の外観を極めて明瞭に表示でき、黄斑嚢様浮腫を診断する最も良い方法の一つである。

Irvine−Gass症候群:臨床では時々白内障術後の患者に黄斑嚢様浮腫が見られ、特にIrvine−Gass症候群と呼ばれる。この症候群は白内障術後4~12週に多く発生する。統計によると、周術期に合併症はなかった。白内障嚢内摘出に成功した術後の患者では、眼底フルオレセイン血管造影で50〜70%の患者に黄斑周囲網膜毛細血管の漏出があった。そのため、この漏出は術後の正常な生理反応である可能性が高いと思われた。これらの手術が成功した患者の多くは症状が軽微あるいは無症状であり、眼底鏡下90%以上に眼底変化が認められず、眼底フルオレセイン血管造影時に黄斑嚢様浮腫が認められただけである。しかし、黄斑嚢様水腫が深刻な場合、明らかな視力障害がある。眼底フルオレセイン血管造影で漏出を示した患者の5〜15%のみが視覚障害を発症する。近年、手術器械の改善、技巧の進歩により、白内障嚢内摘出術に眼内レンズを植え込まなかった者は、臨床上明らかな黄斑嚢様水腫を発生した者は約2%であった。同様の手術で前房型眼内レンズを植え込むと、発症率は9.9%に増加する。嚢外摘出合併後房型眼内レンズ移植者の発病率は約1.3%であり、超音波乳化合併後房型眼内レンズ移植者の発病率は0.5%であった。ほとんどの白内障術後の黄斑嚢様水腫症状は明らかでなく、視力損害は比較的軽微であり、患者は多く耐容可能であり、しかも通常術後3ケ月後に自己消退する。

特発性黄斑嚢様浮腫(idiopathic cystoid macular edema):極めてまれであり、診断は慎重でなければならない。まず、眼部手術、レーザー、眼部外傷の有無を詳しく聞かなければならない;その後、KP、前房浮遊細胞、Tyndall現象を含む前眼節を慎重に検査して、ごく軽微な前部ぶどう膜炎を排除する;次に瞳孔を十分に散開し、裂孔灯で硝子体の炎症性細胞の有無を精査し、間接検眼鏡、三面鏡で毛様体平坦部および眼底周辺部を精査して中間部ブドウ膜炎を排除した。また、眼底フルオレセイン血管造影を用いて網膜静脈閉塞、網膜血管炎、糖尿病網膜症、網膜色素変性など黄斑嚢様浮腫を引き起こす種々の眼疾患をすべて排除した後、特発性黄斑嚢様浮腫を診断することができる。

二、診断

症状、眼底所見、蛍光造影やOCT検査所見から確定診断は困難ではない。

  1. 黄斑嚢様浮腫の紹介−症状−治療−看護−食事−
  2. 黄斑嚢様水腫の病因、黄斑嚢様水腫はどのような原因がありますか
  3. 黄斑嚢様浮腫の合併症、黄斑嚢様浮腫はどんな病気を引き起こすのか
  4. 黄斑嚢様浮腫を予防するにはどうすればよいか、黄斑嚢様浮腫のケア策
  5. 黄斑嚢様水腫の診断・鑑別-黄斑嚢様水腫は混同しやすい疾患
分類

お問い合わせ