黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法

黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法

  • 2021-08-15 00:43:23
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 黄斑嚢様浮腫の症状、黄斑嚢様浮腫の初期症状、徴候
  2. 黄斑嚢様浮腫の合併症、黄斑嚢様浮腫はどんな病気を引き起こすのか

黄斑嚢様水腫の診療知識

受診科:眼科治療費用:市三甲病院約(5000-10000元)治癒率:治療周期:治療方法:薬物治療黄斑嚢様浮腫の一般的な治療

黄斑嚢様水腫の西洋医学的治療

一、治療

黄斑嚢様浮腫の治療は、一般的に原発疾患を治療すべきであり、眼内炎症により引き起こされた抗炎症薬、例えば網膜血管炎、ブドウ膜炎を投与すべきであり、大量の副腎皮質ホルモンを投与することができる。

非特異的な黄斑嚢様浮腫、例えば、網膜中央あるいは分枝静脈閉塞、糖尿病網膜症、網膜毛細血管拡張症など、眼底フルオレセイン血管造影で網膜毛細血管の漏出が認められ、かつ経過3カ月以上経過しており、視力や病変が自力で好転する兆候がない場合には、レーザーによる黄斑部格子状光凝固が考えられる。黄斑部の格子状光凝固には黄色レーザを用いることが好ましく、黄色レーザがなければ緑色レーザを用いることもでき、青色レーザを用いないことが好ましい。黄斑区の網膜神経繊維層には大量のフィレインが含まれているため、それは青色光を吸収し、網膜神経繊維を損傷することができ、それによって視機能障害を引き起こすことができる。緑色の光はわずかに吸収され、黄色の光は吸収されないので、黄色の光は黄斑部に対して最も安全である。

黄斑部の格子状光凝固の方法は:中心の凹みから500~750µm離れて外側に向かって、直径100µmのスポットで中心の凹みの周りに2~3列のリング状光凝固を行い、その後200µmのスポットで後極部をリング状光凝固させ、上側と下側の血管弓まで、上側と下側の血管弓の境界まで、鼻側は視床の縁から500µm離れて、後極部の眼底全体を光凝固させる。

黄斑部の格子状光凝固は、リング状光凝固またはC字状光凝固を用いることができる。多くの人は環状光凝固を採用すると、乳頭黄斑束を損害し、それによって患者の視力或いは視野の損害を引き起こすことを心配している。実際に多くの研究では、青色レーザーを使わない限り、レーザー量が少なければ乳頭黄斑束に影響しないことが示されている。環形とC形の光凝固を問わず、範囲が広く、光凝固点の量が十分であれば、黄斑嚢様水腫をコントロールすることができる。

網膜の中央、分枝静脈閉塞、糖尿病性網膜病変などの疾病に対して全網膜光凝固(PRP)を行う時、黄斑区の格子状光凝固を先行し、1週間後にPRPを行うのが最もよく、さもないと黄斑嚢様水腫を加重しやすい。

少数の非特異性、非炎症性黄斑嚢様水腫は、グルココルチコイドの使用は適さず、レーザー治療にも適さず、例えばIrvine−Gass症候群、特発性黄斑嚢様水腫は、アセタゾラミドとインドメタシン薬物の経口投与が可能である。アセタゾラミドによる黄斑嚢様浮腫の治療は比較的に良い治療効果があり、アセタゾラミド及びその他の炭酸脱水酵素阻害薬は各種原因による黄斑浮腫を軽減することができる。

アセタゾラミドは、炭酸脱水酵素を阻害するか、γ−グルタミン酸トランスペプチダーゼ(glutamyltransferase)を阻害することにより、イオン輸送の極方向を変化させ、網膜下の液体を網膜色素上皮を経て脈絡膜にドレナージしている可能性がある。そのため、アセタゾラミドは網膜色素上皮の漏出による網膜浮腫を治療する最も有効な方法である可能性があると考えられている。最近の報告では、アセタゾラミドは、網膜毛細血管の漏出による糖尿病性網膜症による黄斑嚢胞様浮腫に対しても治療可能であることから、炭酸脱水酵素阻害薬は、漏出と吸収のバランスをとり、代償と非代償の間の臨界線を補っている可能性がある。そのため、滲出が網膜色素上皮バリアの破壊によるものであっても網膜毛細血管の損傷によるものであっても、アセタゾラミドは治療効果を発揮する可能性がある。

インドメタシンはプロスタグランジン阻害薬として黄斑嚢様浮腫の予防薬として、血管性黄斑嚢様浮腫の発生を減少させることができる。

近年、硝子体の牽引は糖尿病性黄斑嚢様水腫の発生あるいは増悪の原因の一つである可能性があると考えられている。ある人は後硝子体剥離と糖尿病性網膜症黄斑嚢様浮腫の関係を比較し、後硝子体剥離のある患者の55%は黄斑嚢様浮腫を発生せず、20%だけ黄斑嚢様浮腫を伴う。後硝子体離脱者は黄斑嚢様浮腫を発生することが少なく、後硝子体離脱は黄斑浮腫の発生を防止する作用を発揮する可能性があることが示唆された。そのため、硝子体の切除と硝子体後皮質の分離は黄斑嚢様水腫に対して一定の治療効果があるかもしれない。国内外ではすでに臨床上に硝子体切除術を用いて糖尿病黄斑浮腫術を治療しているが、その治療効果はまだ更に長期的な観察が必要である。

二、予後

異なる病因に対して治療を行い、大部分の黄斑嚢様浮腫は治癒し、有用な中心視力を保存する。

  1. 黄斑嚢様水腫の食事、食事療法、黄斑嚢様水腫は何を食べたらいいですか
  2. 黄斑嚢様浮腫の紹介−症状−治療−看護−食事−
  3. 黄斑嚢様水腫の病因、黄斑嚢様水腫はどのような原因がありますか
  4. 黄斑嚢様浮腫を予防するにはどうすればよいか、黄斑嚢様浮腫のケア策
  5. 黄斑嚢様水腫の診断・鑑別-黄斑嚢様水腫は混同しやすい疾患

お問い合わせ