黄斑嚢様水腫の検査、黄斑嚢様水腫の診断

黄斑嚢様水腫の検査、黄斑嚢様水腫の診断

  • 2021-08-15 00:43:57
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 黄斑嚢様浮腫の紹介−症状−治療−看護−食事−
  2. 黄斑嚢様水腫の病因、黄斑嚢様水腫はどのような原因がありますか

黄斑嚢様浮腫のよくある検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
間接検眼鏡検査方法眼科外科保健科間接検査眼鏡検査...
三面鏡眼科外科保健科三面鏡検査は...
OCT眼科外科保健科OCTは...
ぜんちきょう眼科外科保健科前置鏡の目的は...
スリットランプ五感 【小于】 i>裂け目灯検査可...
黄斑嚢様水腫検査

黄斑嚢様浮腫による原因により、必要な排除性実験室検査を行うことができる。

1.眼底フルオレセイン血管造影

造影の初期に嚢様浮腫区の液体が脈絡膜の背景蛍光を遮るため、浮腫範囲内に暗い領域を呈した。静脈期には黄斑部の網膜毛細血管の拡張がみられ、毛細血管は血管壁からのフルオレセインの漏出を始め、それに伴って血管がぼやけ、その後徐々にフルオレセインの漏出が増強し、黄斑部の強い蛍光を形成する。造影後期では、15〜30min以降に黄斑域が典型的な嚢胞様の強い蛍光を呈し、花弁様の外観を呈することが認められた。浮腫がひどくなければ、眼底フルオレセイン血管造影では黄斑部の網膜にわずかに強い蛍光が見られるだけである。

2.光コヒーレント断層撮影(OCT)

組織断層の微細構造に対して高い解像力を持つ光学画像技術だ。組織の構造と密度の違い、光の吸収と反射の違いにより、異なる色を用いて異なる組織構造を表すことができ、1枚の模擬カラー眼底断層画像を得ることができる。断層撮影の深さは、使用されるレーザ光の波長に関係している。波長が長いとその透過力が強く、断層スキャンが深い。光コヒーレント断層撮影法の断層撮影精度は8~10µmである。したがって、光コヒーレント断層撮影検査は生体病理組織学的切片のような外観を呈した。黄斑嚢様浮腫時のOCT画像は黄斑区の網膜神経上皮層の嚢様間隙を明瞭に示すことができた。OCTは黄斑嚢様浮腫の検査・測定に非常に敏感で、しかも非常に典型的な特徴的な表現を持っており、一部の病例の眼底フルオレセイン血管造影は明確な表現がなくても、OCTは陽性の発見があることができる。

正常な黄斑中心陥凹は消失し、黄斑中心陥凹の平坦化或いは隆起を表現し、神経上皮層は正常より明らかに厚くなり、節細胞層、内外叢状層及び光感受細胞層の光反射強度は普遍的に低下し、その間にいくつかの嚢様暗区があり、嚢腔内は液体貯留であり、均一な暗色の腔間隙を示した。異なる走査方向に異なる大きさと深さの嚢腔を観察でき、主に外叢状層に位置するが、他の各層にも見られ、黄斑中心凹及びその周囲に密集して分布している。

黄斑嚢胞様浮腫の初期には通常、OCTは多数の小嚢胞を示す。病気経過の発展に伴い、小嚢胞は次第に1個或いは数個の大嚢胞に融合することができ、その時黄斑中心凹所は高度に隆起し、嚢胞の表面は内境界膜のみで覆われている。黄斑嚢様浮腫が増悪し続けると、大きな嚢胞がいったん破裂すると、その中の網膜組織が欠損し、黄斑裂孔が形成されることがある。

  1. 黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法、黄斑嚢様水腫の治療法
  2. 黄斑嚢様水腫の診断・鑑別-黄斑嚢様水腫は混同しやすい疾患
  3. 黄斑嚢様水腫の食事、食事療法、黄斑嚢様水腫は何を食べたらいいですか
  4. 黄斑嚢様浮腫のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  5. 黄斑嚢様浮腫の合併症、黄斑嚢様浮腫はどんな病気を引き起こすのか

お問い合わせ