黄斑裂孔性網膜剥離の症状、黄斑裂孔性網膜剥離の早期症状、バイタルサイン

黄斑裂孔性網膜剥離の症状、黄斑裂孔性網膜剥離の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 07:12:31
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 黄斑裂孔性網膜剥離の原因黄斑裂孔性網膜剥離にはどのような原因があるのか
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離を予防するにはどうすればよいか、黄斑裂孔性網膜剥離のケア策

黄斑裂孔性網膜剥離症状

典型的な症状:萎縮孔は一般的に円形または楕円形であり、常無孔蓋膜、網膜剥離、裂孔蓋片付着など

関連症状:視野欠損視力障害黄斑回避現象網膜剥離

一、症状

1.黄斑裂孔形態裂孔の直径は一般的に0.5PDより小さく、最も小さいものは針先であり、OCT検査或いは手術顕微鏡下でその存在を証明する。裂孔は性質によって萎縮孔と引き裂き孔に分けられる。萎縮孔は高度近視に伴う後強膜ブドウ腫或いは黄斑嚢様変性の上によく発生し、一般的に円形或いは楕円形であり、常に無孔蓋膜である。裂孔は外傷或いは硝子体の後に離脱した結果であり、裂孔の形状は不規則であり、早期に裂隙状、三日月形或いは馬蹄形を呈することができる。完全にはがしたときに不規則な円や楕円形になる。時に穴の前方に蓋膜が剥離した硝子体の後境界膜に付着することがある。膜の収縮により、蓋膜は裂孔が小さいが、濁っているため、逆に見えやすい。黄斑嚢様変性内層が引き裂かれて形成された内層膜との違いは、後者は透明膜であり、しわにより小さな浮遊物が形成されているため発見が困難であり、顕微鏡下でしか観察できないことである。

2.網膜剥離の範囲黄斑裂孔による網膜剥離は、早期に後極部に限局し、経過が長くなるにつれて剥離が下方と側頭側に進行し、全剥離に至る。3.2%〜11.5%の症例では、脱離は黄斑付近に長期間限局し、周辺部には拡がらなかった。離脱の範囲は病歴の長さ、裂孔の大きさ、硝子体液化の程度及び硝子体網膜牽引の有無など多種の要素と関係がある。そのほか、硝子体の液化と牽引は網膜剥離拡張を促進する重要な要素である。黄斑裂孔網膜剥離の増生性変化は一般的に後極部を主とし、視床、黄斑周囲に発生し、星状固定襞を形成し、遠周辺部への進展は少ない。

3.硝子体改変非外傷性黄斑裂孔網膜剥離は大部分が異なる程度の硝子体を合併した後剥離した。その上に裂孔カバーシートが付着していることがある。不完全な後剥離はしばしば硝子体網膜牽引が存在する。周辺裂孔による網膜剥離二次黄斑裂孔の場合、黄斑裂孔は黄斑嚢様変性から変化し、二次性黄斑裂孔と呼ぶことができ、原発性黄斑裂孔と区別することができ、手術治療の上で両者が異なるためである。

二、診断

OCT検査結果及び眼底所見により、診断は難しくない。しかし、いくつかの疾患と鑑別する必要があり、これは手術方式の選択と視機能の保護に関係する。

  1. 黄斑裂孔性網膜剥離のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離の合併症、黄斑裂孔性網膜剥離はどんな病気を引き起こすのか
  3. 黄斑裂孔性網膜剥離の検査および黄斑裂孔性網膜剥離の診断
  4. 黄斑裂孔性網膜剥離の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 黄斑裂孔性網膜剥離の診断と鑑別−黄斑裂孔性網膜剥離混同しやすい疾患−
分類

お問い合わせ