黄斑裂孔性網膜剥離の原因黄斑裂孔性網膜剥離にはどのような原因があるのか

黄斑裂孔性網膜剥離の原因黄斑裂孔性網膜剥離にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 07:12:54
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 黄斑裂孔性網膜剥離の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離の合併症、黄斑裂孔性網膜剥離はどんな病気を引き起こすのか

黄斑裂孔性網膜剥離の原因主な原因:高度近視と眼外傷

一、発症原因

高度の近視や目の外傷と関係があることが多い。

二、発病メカニズム

高度近視による黄斑裂孔性網膜剥離は、発症機序が解明されていない。その原因として、硝子体後皮質あるいは黄斑前膜の黄斑部への接線牽引力、後強膜ブドウ腫や網膜色素上皮および脈絡膜萎縮などが考えられる。その中、黄斑区の網膜前膜(epiretinal membrane,ERM)の収縮による接線牽引力はこの病気を引き起こす最も主要な要素であり、手術後の黄斑裂孔の再開を引き起こす主要な原因でもある。組織病理学検査により、ERMは主に硝子体皮質と各種細胞から構成されていることが示された、主に繊維星状グリア細胞です、グリア細胞は緊密な結合と細胞質小胞による代謝物質の交換を通じて新しいコラーゲンを制御してコラーゲン間の活性な結合を産生させます、新しく形成した硝子体コラーゲンは硝子体内に凝集して硝子体後皮質を次第に収縮させ、そして更にERMを形成し、ERM収縮による黄斑接線への牽引力は高度近視黄斑裂孔性網膜剥離の発病の重要な原因の一つである。高度近視はよく後強膜ブドウ腫を伴い、後極部は漸進的に伸展し、黄斑区域の網膜、脈絡膜は極度に薄くなり、脈絡膜毛細血管は減少或いは喪失し、網膜組織の萎縮と嚢様変化を引き起こし、嚢様変性破裂、続いて黄斑裂孔を形成する。前後方向の硝子体網膜牽引は黄斑組織の欠損を引き起こし、中心凹面前硝子体の局所収縮もよく起こり、これは裂孔発生のもう一つの因子である。黄斑裂孔周囲のERM中の筋線維芽細胞の収縮は接線牽引力を産生するもう一つの可能な機序である。また、硝子体の液化、硝子体の後離脱も黄斑に前後方向の牽引力を与える可能性がある。後硝子体離脱過程では、後硝子体皮質の一部が黄斑部周囲の網膜と癒着し、眼球の回転に伴い、はためく硝子体皮質が黄斑部に対して前後方向および接線方向の牽引力を生じる。高度近視眼では硝子体腔が拡大し、硝子体の液化が顕著で、眼球の回転時に硝子体が逆方向に動き、黄斑区に牽引が生じる。

高度近視黄斑裂孔性網膜剥離の形成過程において、後強膜ブドウ腫と網膜色素上皮及び強膜萎縮による作用は黄斑の接線牽引力より更に重要である。後強膜ブドウ腫のある高度近視患者では、後強膜が後方に増大し、相対的に網膜の伸長が不十分であるため、網膜神経上皮層を色素上皮層から分離させる矢力が生じる。後強膜ブドウ腫内脈絡膜網膜の萎縮及び網膜色素上皮細胞の欠損は神経上皮と色素上皮層の間の粘着力を弱め、それによって広範な網膜剥離を引き起こす。

  1. 黄斑裂孔性網膜剥離のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離の検査および黄斑裂孔性網膜剥離の診断
  3. 黄斑裂孔性網膜剥離の症状、黄斑裂孔性網膜剥離の早期症状、バイタルサイン
  4. 黄斑裂孔性網膜剥離の診断と鑑別−黄斑裂孔性網膜剥離混同しやすい疾患−
  5. 黄斑裂孔性網膜剥離の食事・食事療法黄斑裂孔性網膜剥離は何を食べればいいのか

お問い合わせ