黄斑裂孔性網膜剥離の診断と鑑別−黄斑裂孔性網膜剥離混同しやすい疾患−

黄斑裂孔性網膜剥離の診断と鑑別−黄斑裂孔性網膜剥離混同しやすい疾患−

  • 2021-08-15 07:13:46
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 黄斑裂孔性網膜剥離の検査および黄斑裂孔性網膜剥離の診断
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離の食事・食事療法黄斑裂孔性網膜剥離は何を食べればいいのか

黄斑離脱との鑑別は以下のとおりである:

1.網膜が破裂すると周囲の組織にカールが生じるため、真性裂孔はごく小さな裂孔であっても明瞭な境界を持っている。

2.裂孔で組織が欠損し、裂け目光帯が欠損部で完全に途切れる(Allen-Wazeke sign)。

3.裂孔を通して暗赤色の反射光が見られ、離脱が低い場合に脈絡膜の構造が見られる。嚢様変性の基礎の上に発生した小穿孔及び高度近視後極脈絡膜萎縮区の裂孔は最も判読しにくい。

4.光コヒーレント断層撮影技術(OCT)検査は正確に診断できる。

  1. 黄斑裂孔性網膜剥離のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 黄斑裂孔性網膜剥離の原因黄斑裂孔性網膜剥離にはどのような原因があるのか
  3. 黄斑裂孔性網膜剥離の合併症、黄斑裂孔性網膜剥離はどんな病気を引き起こすのか
  4. 黄斑裂孔性網膜剥離の症状、黄斑裂孔性網膜剥離の早期症状、バイタルサイン
  5. 黄斑裂孔性網膜剥離の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ