黒白癬の検査、黒白癬の診断

黒白癬の検査、黒白癬の診断

  • 2021-09-09 00:19:41
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 黒癬の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 黒癬の原因は、黒癬にはどのような原因があるのか

白癬多発性検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
真菌組織病理学全身眼科保健科真菌組織の病理...
細胞組織化学染色血管リューマチ細胞組織化学...
直接塗抹検査その他内科直接塗抹検査...
真菌の直接顕微鏡検査では茶色分枝(ウィルニック分枝胞子菌)あるいは不分枝(ツルソン分枝胞子菌)が菌糸を分離し、芽胞は円形あるいは楕円形を呈し、異なる分枝胞子菌を培養することができる。

真菌培養:グルコースペプトン寒天に採取し、接種し、室温下で、ツルソン分枝胞子菌の成長が速く、2〜4日の間、コロニーは半球形の隆起を呈し、表面に黒い絨毛状菌糸が付着し、縁はきれいで、裏面は黒色である。ウィルニック分枝胞子菌は成長が遅く、5〜6日から成長を開始し、黒く光った酵母様コロニーであり、2〜3週間でコロニーの中央が隆起し、ひだがあり、表面には灰色の気生菌糸があり、縁にはまだ酵母様コロニーの輪があり、コロニーが大きい。

組織病理:生組織切片検査により、皮膚の質層に薄い褐色の菌糸を分離し、菌糸は太くて短く、あるいは曲がっているかまっすぐであり、時には菌糸の末端に胞子があることが見られた。

  1. 黒癬のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 黒癬を防ぐにはどうすればいいのか、黒癬のケアの取り組み
  3. 黒白癬の合併症、黒白癬がどんな病気を引き起こすのか
  4. 黒白癬の治療方法は、黒白癬の治療方法は、黒白癬の薬
  5. 黒白癬の診断と鑑別-黒白癬は混同されやすい疾患

お問い合わせ