鼻弁域狭窄の原因、鼻弁域狭窄にはどのような原因があるのか

鼻弁域狭窄の原因、鼻弁域狭窄にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 06:57:31
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 鼻弁領域狭窄の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 鼻弁域狭窄の合併症、鼻弁域狭窄はどんな病気を引き起こすのか


鼻弁区狭窄の病因主な病因:先天性発育奇形、外傷、顔面神経麻痺、大翼軟骨をつなぐ鼻拡張筋の緊張喪失などによる

一、症状

鼻弁区は鼻内孔であり、鼻前庭深部、下鼻甲介先端の前方に位置する。主に鼻中隔軟骨の前下端と鼻外側軟骨の先端と鼻腔の最前部にある梨のような穴の底部で構成された細長い三角形で、平均面積が55〜64(mm)である2。この三角地帯の先端には裂け目状の開口部がある。この切開は小さく、正常角度は10°〜15°であり、鼻弁と呼ばれる鼻腔の中で最も狭い関門である。鼻腔に吸い込む空気にはここで抵抗が最大になる。先天性発育奇形、外傷、顔面神経麻痺、大翼軟骨を連結する鼻拡張筋の緊張喪失などの原因により、鼻弁区の角度が10°より小さい場合、鼻閉塞が発生する。

  1. 鼻弁区狭窄の治療法:鼻弁区狭窄の治療法:鼻弁区狭窄の治療法:鼻弁区狭窄の治療法
  2. 鼻弁区狭窄の食事、食事療法、鼻弁区狭窄は何を食べたらいいのか
  3. 鼻弁域狭窄のケア−ケア上の注意−食事禁忌
  4. 鼻弁域狭窄の症状、鼻弁域狭窄の初期症状、徴候
  5. 鼻弁域狭窄を予防するには、鼻弁域狭窄のケア策
分類

お問い合わせ