I型過敏症の紹介−症状−治療−ケア−食事

I型過敏症の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-06-28 14:53:08
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. Ⅰ型過敏症を予防するにはどうすればよいか、Ⅰ型過敏症のケア策
  2. I型過敏反応性疾患の治療法I型過敏反応性疾患の治療法I型過敏反応性疾患の治療法

I型過敏症の概要

I型過敏症に関連する疾患には、アトピー性疾患(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性喘息(外因性および一部の蕁麻疹、消化管食物反応、全身性アレルギー反応)がある。喘息の原因はまだ解明されていませんが、その発病率は明らかに増加し、ここ数年来すでにI型過敏反応の明らかな増加はラテックスに接触した物品の水に溶けた蛋白と関係があることに注意した(例えばゴム手袋、歯床、コンドーム、呼吸器材のパイプ、導管、注腸先端の膨張したラテックスジャケット)。特にラテックスにさらされた医療従事者や患者、二分脊椎や出生時泌尿生殖不全の小児に見られる。ラテックスに対する一般的な反応は、蕁麻疹、血管性浮腫、結膜炎、鼻炎、気管支痙攣、アナフィラキシーショックである。

,

Ⅰ型過敏症の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 発症部位:全身
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:かゆみ表皮角化丘疹鼻粘膜蒼白水腫ヘルペス
  • 合併疾患:ショック

  1. I型過敏のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. I型過敏の検査及びI型過敏の診断
  3. I型過敏をどのように診断・鑑別するか−I型過敏混同しやすい疾患−
  4. Ⅰ型過敏性疾患の食事、食事療法I型過敏性疾患は何を食べればいいのか
  5. Ⅰ型過敏症の原因、Ⅰ型過敏症にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ