I型過敏症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

I型過敏症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

  • 2021-06-28 14:56:24
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. Ⅰ型過敏症を予防するにはどうすればよいか、Ⅰ型過敏症のケア策
  2. I型過敏反応性疾患の治療法I型過敏反応性疾患の治療法I型過敏反応性疾患の治療法

I型過敏症の一般的なケア

一、ケア:

1.楽観的で楽しい気持ちを保つ。精神的な緊張、焦り、いらだち、悲観などの感情が長期的に現れると、大脳皮質の興奮と抑制過程のバランスを崩すことになるため、心地よい気持ちを維持する必要がある。

2.生活節制休息と休息を心がけ、秩序正しく生活し、楽観的、積極的、向上的な生活態度を保つ。日常茶飯事に規則正しい生活を送り、日常生活を送り、過労をせず、明るい気分になり、良好な生活習慣を身につけることができるようにする。酒たばこをやめる。

3.食事は、あっさりして栄養に富むものを主とすべきである。野菜、果物、牛乳、スッポンなど多くのアミノ酸、ビタミン、蛋白質と消化しやすい滋養食品を多く食べます。脂っこいものは控えてください;犬肉、羊肉の等温補食を少なめに食べます;殻を持たない魚介類、筍、芋などアレルギーになりやすい「髪物」;化学物質、保存剤、添加剤を含む飲料やスナックは控える。酸っぱい、辛い、塩辛いなどの刺激物を食べるのを禁ずる。

  1. I型過敏の検査及びI型過敏の診断
  2. I型過敏の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. I型過敏をどのように診断・鑑別するか−I型過敏混同しやすい疾患−
  4. Ⅰ型過敏性疾患の食事、食事療法I型過敏性疾患は何を食べればいいのか
  5. Ⅰ型過敏症の原因、Ⅰ型過敏症にはどのような原因があるのか

お問い合わせ